財産分与を考えて入籍しない人もいる?

親や子だけに相続させたい場合は入籍しない方がいい?

財産分与を考えた場合、まず第1に法定相続人となるのは配偶者そして、子供になります。
子供がない場合には配偶者とご自身の親ということになりますが、自分の子供やご両親に財産を残したいという場合、熟年になってから内縁関係にあるお相手と、敢えて入籍をしないという人もいます。
入籍をすると婚姻関係がどんなに短期間であっても配偶者として法定相続人になるので、それまでは子供や親に財産を分けたいと思っていても自分が被相続人になってしまった後で親に財産分与をすることができなくなってしまいます。

もちろん遺言書が効力を発揮するので、遺言書に親への財産分与を希望することを明記しておけば良いですが、それでも配偶者が法定相続人として、全財産の2分の1を受け取ることが可能になっているので、この遺留分を避けるため、入籍はせず内縁関係のまま維持するという人も増えてきているようです。
表面的な気持ちとしてはこのように遺産相続のことまで考えて入籍をしていない関係にあったりというのはあまり良くないことかもしれませんが、実際にシビアな部分を考えていくと財産を持っている立場の人であれば、様々な不安などを考慮して入籍をしないのも賢い選択になります。

入籍しなくとも遺言書を残して相続させるという手もある

高齢になってからの再婚などに関しては特に遺産相続にシビアになってしまう人が増えるので、財産分与をしないために入籍をせず、いつまでも内縁関係でいるというのも一つの方法になってきています。
本人同士が良いと思っていてもご家族の反対があったからや、ご家族が新しい配偶者に対し、遺産目当てではないのか?などとあとになって詰め寄ってしまうことを避けるために、入籍はせず、法定相続人としてではなく、遺言書に財産分与をすることを明記して内縁関係にあったお相手を守っていくという判断をする人もいます。