実子と養子の分与割合は違うのが当たり前?

養子であろうと実子であっても相続分は変わらない

自然に何らかの理由で被相続人となる人が実子以外に養子を設けていた場合に、相続人が亡くなってしまった後の財産分与を行う際に実子と養子での分割割合について揉めてしまうことがあります。

イメージとしては当然実子の方が分割割合が多く、養子は少なくなると思ってしまうかもしれませんが、ここは実子であっても養子であっても分割割合は変わりません。

遺言書などが残っており、はっきりと分割割合についての指定があれば当然、遺言書の内容に従っての分与が行えますが、そうでない場合には実子も養子も法定相続人ということになり、均等に財産分与を受けることができます。

実子と養子の間で相続分に差をつけることはトラブルのもとになる

実子となる立場の人間にとっては、養子と分割割合が同じなことに納得がいかなかったりするかもしれませんが、法的に決められている部分なので仕方がありません。
どうしても、養子より実子である自分の方がたくさんの財産分与を受けたいと思っているのであれば、生前から遺言書を作成する際にしっかり明記してもらうしか方法がありません。
また反対に遺書の内容により養子に対する分割割合の方が多く指定されているケースだと、実子よりも養子の取り分が多くなってしまうので、ここでも実子、そして養子間にトラブルが生じてしまったり家系にひびが入ってしまうようなことがあります。

血の繋がった実子であってもあとから養子縁組をした養子であっても、分割割合は変わらないので覚えておくと良いでしょう。
当たり前のように実子の方がたくさんの財産分与を受けることができるのだと思っていると、実際に協議が始まってから驚いてしまうことになります。